相続税を節税するために土地活用を

相続税を節税するために土地活用を

財産を相続すれば、相続税が発生することは避けられません。

特に土地などの不動産は換金性が低いのにもかかわらず、支払う税金が高額になる可能性がありますので、生前から対策を立てておくことが不可欠です。



土地活用はこのような相続税対策としても非常に有効であり、多くの人が税金対策としての土地活用に踏み出しています。
特に平成27年度からは相続税に関する法律が改正され、これまで相続税の対象とならなかった人も、税金を支払わなければいけなくなる可能性がありますので、対策は急務といえます。
相続税対策として考えなければいけないのは、まず納税資金の確保です。相続税の申告期間は10カ月以内ですので、早期に現金を用意しなければいけません。

最悪の場合、土地を売却して資金を確保しなければいけませんが、思ったほどの金額にならなかったり、期間内に売却できないといったリスクも存在します。



このようなリスクを避けるための土地活用の一つの方法が、マンションやアパートなどの賃貸経営です。



相続税はその利用形態で税額が異なってくるため、マンションやアパートを建てているだけで相続税の評価額をさげることができます。

またマンションやアパートから収益をあげることができれば、そのお金を相続税支払時の資金として充当することができますので、現金を用意できなくて土地を売却するといった事態を避けることも可能です。


万が一の際に相続人が困らないためにも、早い段階から相続税対策を考えておくことは非常に重要です。

Copyright (C) 2015 相続税を節税するために土地活用を All Rights Reserved.